«

»

6月 21

ヒメフウロ

ヒメフウロ(姫風露)
フウロソウ科 フウロソウ属
学名:Geranium robertianum
別名:シオヤキソウ(塩焼草)

日当たりのよい場所に生える1年草または越年草。

風露草の中でも、小さくかわいらしいことから姫を付けて、姫風露(ヒメフウロ)。
5月の中旬にこの花が咲いてたと写メが届く・・・写真は2枚添付されていたのだけど、最初は1枚目しか見てなくて、葉が焼けてたから、別名にクサモミジ(草紅葉)の名を持つアメリカフウロじゃないですか?と返信したあとに、2枚目の写真に気付き・・・・・・!?!?!?!!!
ヒ、ヒメフウロじゃないかーーーい( ̄□ ̄|||
え?なんでなんで?ってことになって、タイミング見てその場所まで案内してもらうことができました。
現地で、iPhoneからgoogle Mapを開き航空写真を確認したところ、この斜面の向こう側には民家があるので、もしかしたらそこから園芸種の種がこぼれてきたのかも???
いづれにしても、伊吹山などに自生するものとは違うようです(;・∀・)


ヒメフウロ

2014年5月23日 撮影 – 大分県
フウロソウ科の花はとにかくお昼までに見に行かないと
雄蕊の葯が落ちてしまうと、ギリギリ間に合った感(;・∀・)

ヒメフウロ

2014年5月23日 撮影 – 大分県
直立する雌蕊からかなり離れるように
雄蕊は花弁に沿うようについています。

ヒメフウロ

2014年5月23日 撮影 – 大分県
花は小さめでも、一度にたくさんの花を咲かせるので、
園芸種としても人気があるようですね、。

ヒメフウロ

2014年5月23日 撮影 – 大分県
花期はほぼ終わりに近いようでしたが、
繁殖力は旺盛な感じなので、このあたりで増えるのかも?

【撮影カメラ】PENTAX K-30