«

»

8月 31

オオバミゾホオズキ(2011)

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
ゴマノハグサ科 ミゾホオズキ属
学名:Mimulus sessilifolius Maxim.

山地の水が流れるような湿性の場所に生える多年草。

和名の由来:ミゾホオズキより葉が大きいことからから大葉溝酸漿と名付けられる。

オオバミゾホオズキ

2011年8月13日 撮影 – 栂池コース
栂池から登り始めて最初の水場でオオバミゾホオズキを発見♪

オオバミゾホオズキ

2011年8月13日 撮影 – 栂池コース
水が流れている場所に咲いてたため、葉が濡れていましたねー。

オオバミゾホオズキ

2011年8月15日 撮影 – 白馬岳(葱平)
大雪渓付近ではまだまだ蕾が付いた状態でこれから花咲かせるようでした。

【撮影カメラ】PENTAX K20D・PENTAX OptioW60